アロマエステとは?

アロマエステとは、植物から抽出した「芳香」(香り)を用いて、ストレスを解消したり、自然治癒力を高める効果のあるアロマとリラクゼーションを生むマッサージエステを掛けあわえたサービスです。
様々な効果があるとされ、疲労回復や不眠症さらには精力向上の助けもします。

◇アロマに使われる主な植物7選◇

・グレープフルーツ


甘酸っぱい香りで、落ち込んでいる時やうつ病などの表情が出た時に気力回復に役立ちます。
香水に使われる事も多く、誰もが受け入れやすい香りで人気も高い。

・ラベンダー


古くから親しまれている植物の1つで、万能薬です。
その中でも鎮静作用があり、神経回復に抜群効果がありますが、火傷や炎症などの外部にも効果的です。
ラベンダーには色々な種類があるものの、アロマエステでは、スパイクラベンダやラバンジンを使用するエステが増えているとか、、、。

・インランインラン


「花の中の花」という意味であり、インドネシアで媚薬材として利用されるほど甘い香りがする。
大手香水メーカーもこの成分に着目されており、香水の木とも呼ばれている。
フランスでは長い歴史があり愛されています。
リラックス効果があり、殺菌消毒や鎮痛剤にも使用されています。
注意点としては、刺激が強いので、妊婦などには使用を控える。

・ローズマリー


脳を刺激し、活性化する効果があります。
頭がクリアーになり暗記力向上の効果もあります。
受験生などの勉強の合間の休憩時間に利用することで、勉強の効率化を上がると唱える研究者もいるそうです。

・ジャスミン

 


お茶の材料としても有名なため比較的知名度があり、人気があるのがジャスミン。
アロマ初心者にお勧めだが、とても高価なのが難点。
心理的な作用を和らげる効果に一役買ってくれるとともに、子宮のハーブとして「媚薬」とも言われています。
・ゼラニウム


女性の人気が高く、オイルとしても常にランキングしています。
美容にメンタルケアーに優れており、更年期障害やうつ病などを和らげる効果がる。
天然の虫よけにも使われる。

・ローズウッド


バラの香料が似ていることからローズという名前が入っている(正確には異なるもの)。
その香りは、バラのように華やかで優雅な気分にさせてくれる。
入浴剤やトリートメントとしても使われている。
絶滅危惧されており貴重な成分でもあるのが難点。
美容成分が多く含まれており、女性に絶大な人気を誇る。

◇主なエステ内容◇
アロマエステは、セラピストと相談の上その人だけの特別なコースを作成します。
香りの癒しと訓練されたマッサージによって、固まった体をほぐしリラックスさせます。
特にリンパの流れが絶大に良くなります。
お店によって細かいサービスは異なりますが、鼠径部マッサージなどの時の付け根を中心に行うサービスなどもあるようです。


非風俗のアロマエスティシャンになりたい

アロマエスティシャンは、少しHな印象がありますが、非風俗のアロママッサージ店も数多くあります。
今回はそんな、純粋なアロマエスティシャンになる方法について紹介していきます。

◇アロマエスティシャンになりたい動機◇
アロマエスティシャンになる動機は様々ですが、

「風俗で働きたくない。けどお金が欲しい!!」
「ショップ店員さんやOLさんなどで副業として働きたい!」

というような人がほとんどです。

資格を取得して、本格的にプロとして働きたい場合は、育成スクールやエステティックサロンに就職した方が、賢明です。
最近流行りのアンチエイジングやブライダルエステなどの技術は学べないと思った方がよいかもしれません。

アロマエスティシャンは、風俗のようなHな接客はないけれども、通常の昼職よりも給料が欲しいって人が目指すお店です。
なので、それ以外の人は、別の職業を探すのも手かもしれません。


◇アロマエスティシャンの辛いところ◇
アロマエステが、非風俗を謡っていても、マナーの悪いお客さんは貴女の身体を触ってきたりします。
もちろん、お触りは禁止なので、注意できます。
しかし、純粋なエステティックサロンではないので、お店によってはお尻くらいは許容範囲だろうと感じている店舗もあるので、働く場所によって当たりハズレが存在するようです。

鼠径部といった足の付け根の部分をマッサージするサービスでは、男性がムラムラしやすくなるので、一部のお客さんとはトラブルになる事もあります。
この触ってくる攻防戦が面倒なため、手コキエステのような場所に割り切って移籍する女性も多いようです。

しかし、有名な優良店では、店員マニュアルが行き届いており、お客さんい前もって注意を促したりします。
トラブルもほとんど起きないため、全ては働くお店次第ともいえます。

◇お客さんとの出会いは存在するのか?

人間同士なので、お互いが惹かれ会えば、恋が生まれることもあります。

実際、アロマエステでの接客がキッカケで結婚した例はいくつもあります。

これは、エステだからというわけではなく、キャバク勤務でも、看護師勤務でも同じことが言えます。

しかし、「風俗と出会い系どっちが安いのか?」に書いてある通り、

エスティシャンとお客さんという関係が最初に構築されているので、中々その関係から抜け出すことが難しいのが現状です。

恋人が出来る可能性はあるものの、それを目的で働くと厳し思いをするかもしれません。

◇アロマエスティシャンの良い点◇
・満足してくれるのはとても嬉しい
上記では悪いマナーのお客さんの説明をしましたが、大半のお客さんは、アロマの香りとマッサージによって、感謝してくれます。
どの業種でもそうですが、自分の行動によって感謝してくれるのはとてもやりがいがあります。

・給料が高い
少ない労働で、昼職よりも多くの給料が入ります。
そのため、空いた時間に副業をするのに優れています。
風俗ではないため、敷居が低いのも良い点と言えるでしょう。
風俗では、年齢が上がると時給がガタ落ちしますが、アロマエステは、スキル次第でカバーする事が可能であり、安定性があります。

・当日払いを採用してくれてる事も多い
急きょお金が必要になってしまっても、働いた当日に給料を出してくれるお店も多いです。
そのため、給料日前でも安心して生活できます。

また、求人広告と値段が違った!!ということも、1日単位で貰えば、未然に防げます。

・女性マネージャー候補は給料が破格
本格的なエステティックサロン経験者は、女性マネージャーを目指してみてはどうでしょうか?
主な仕事は、未経験者のマッサージ指導で、そのお店の技術向上を担う大切なポジションで責任ある仕事ですが、給料が破格な事も多いです。

◇主な入店までの流れ◇
1・HPや求人広告で、メールや電話で面接日を決めます。
2・お店に行き、面接や1日体験入隊などを行います。
3・女性マネージャーによる講習が行われます。
4・講習過程をクリアー出来れば、セラピスとして働く事ができます。

◇アロマエスティシャンはお勧めなのか?◇
給料が高い+非風俗なので人気はあります。
しかし、マッサージのスキル向上による練習やマナーの悪いお客さんによって気分を害する事もある職業です。
それでも癒しの空間を作って上げられるサービス精神がある人が向いていると言えるでしょう


アロマの実際的なデメリットを考える

私たちの暮らしには香りがあふれています。
良い芳香が私たちの気分や精神状態、さらには健康そのものを積極的な方向へ導いてくれる、と言う特性に着目したのがアロマテラピーです。
しかし、アロマテラピーは一概に良い面ばかりを持っているとは言えず、また芳香も使い方によっては逆のマイナス効果に働いてしまうこともあります。今回はその具体的なデメリットを考えてみましょう。

■必ずしもアロマが健康に有効とは限らない場合

まず、何となくアロマテラピーそのものについて、ナチュラルな健康方法といったぼんやりしたイメージを持つことは、あまりいいことではありません。香りによる「テラピー」(療法)と銘打ってある分、そこには医療的な働きがある、ということを認識しておいた方がよいでしょう。

薬を例にとると、民間療法や漢方薬、(日本ではいまだ正式に認可されていませんが)ホメオパシーなど、化学薬に比べて自然由来の成分が多く、より人間の体に優しいとされている療法は多くあります。ですが、いくら自然に近くて体に優しいからと言っても、これを長期的に続けてしまっていては、体がその効果に慣れきってしまって意味を成さなくなったり、健康への逆効果になってしまう場合が少なからずあります。薬は薬であり、療法はあくまでも何らかの症状に対し一時的な対処として行うべきです。

アロマテラピーにも同様のことが言えるでしょう。気分の落ち込みに対してリラックスするアロマを焚き、それで効果を感じたとしても、そのアロマを長時間継続的に使用していては、嗅覚が慣れきってしまい、アロマテラピーのテラピーたる部分を効果的に感じることができなくなります。

このアロマテラピーのデメリットについて簡単に言うと、使いすぎてしまえば効果が薄れる危険性が非常に高い療法である、と言えるでしょう。

■他者の嗅覚は自分と同じではない

また、薬やサプリメントが個人の体という範囲内でのみダイレクトに作用するのに対し、アロマテラピーは空間を芳香で充満させ、それを呼吸によって察知することにより健康効果を期待するという特徴があります。

当然ですが、そういった空間を共有している別の人に対しても、何らかの作用が起こりうるのです。健康に関する共通の悩みを持ち、また試用するアロマの芳香にも好意的な感触を持つ場合はもちろんいいのですが、他者の嗅覚の好みと言うのものは個人によって大きく分かれるもの。あなたにとってはよい香りであっても、たまたま空間を共有せざるを得ない人にとっては、恐ろしく嫌な悪臭、と感じられることも多々あります。

一定の香りや強い芳香に拒否反応を示す人は多く、これが元で頭痛や胃痛を引き起こしたり、または臭いに対するストレスが元で健康を崩してしまうこともあります。空間を使用するという特徴上、アロマはできるだけ他者に対する配慮を持って行わなければなりません。これが二つ目のデメリットです。

■具体的な危険性について

最後になりますが、ごく実際的なアロマの危険性の中に、「火器を使用する」「高温になりうる」というものがあります。お子さんがいる家庭でも安心して使用できる、とアロマテラピーをしたり、あるいは夏場の虫よけがわりに使用している自然派のお母さまも多いでしょう。それでも、電気や火器を使用して精油を温め、空気中に拡散させるというアロマの手法は、思いがけない事故を招くこともある、ということをよくよく念頭に置いておきましょう。

また、アロマを安全な自然療法とだけ認識するのもまた、危険が伴います。精油の中には、例えば日光にさらされることで皮膚上に有害な成分を形成するものもあります。あるいは妊産婦さんや乳幼児に対しては向かない香りというものも少なからず存在しますので、アロマオイルの選び方や取扱いには、ごく慎重になる必要があります。

以上、主なアロマのデメリットをご紹介しました。医療機関やセラピスト、専門家などの指示をよく聞いて、安全なアロマテラピー実施を心がけて下さい。


通常のエステとメンズエステの違いはあるのか?

エステサロンと言えば、TBCやミュゼプラチナムなどが有名です。
主に美容に関してのイメージが強くて、小顔矯正などの美用サービス、脂肪を燃焼させるダイエットマッサージ、ムダ毛を処理する脱毛など、美容外科に近い施術を行う。

しかし、通常のエステサロンは女性向けであると浸透しており、男性は入店し辛いばかりでなく、男性禁制の女性専用エステも多数存在します。

では、男性専用のエステってないのか?

という点を考慮すれば、「メンズエステ」は、男性が行けるエステサロンと考えるのが一般的です。

実際、TBCなどは、男性向けのメンズサロンを展開していますよね。

しかし、グーグルで「メンズエステサロン」と検索をかけると、少し趣向の違うメンズリラクゼーションサロンのようなサービスを行うお店も存在します。

 

どのように違うのでしょうか?
前者は、美容の意味か強く。

後者は、癒やしの意味合いが強くメンズリラクゼーションサロンと呼ばれています。
同じ、「メンズエステ」と名前であるものの、施術は全く異なります。

◇メンズリラクゼーションサロンとは?◇
簡単に言うとマッサージされながら、女性との会話を楽しむ癒やしの場です。
しかし、通常のエステと違い資格を持っていない人がほとんどであり、マッサージという名目を使わずに、「メンズエステ」と説明している場所が多い。

※マッサージというと、医療の規約に引っかかるため

しかし、しっかり教育されたエステは、免許を所有していなくてもレベルが高い場合も多く、一部の男性には、非常に需要があるので、全国的に展開されている。
このサイトで紹介しているようなアロマエステなども後者のサロンに含まれる。

◇その他のメンズエステ
通常はこの2つであるが、風俗の延長線になっているメンズエステも存在する。

こちらは、メインがマッサージではないため、マッサージとは名ばかりで、技術が低い場合も多いので注意が必要。
繁華街の場合、どちらのメンズエステか分からない事も多いが、見極め方は、料金や、ホームページのサービス内容で大体分かる。

しかしながら、メンズエステを風俗と勘違いするメンズは多くいるので、よく吟味の上お店を探しましょう。

誤解される理由として、この動画のように

回春エステといった睾丸マッサージでEDの回復が出来てしまうからかもしれません。